試運転開始しました。

鉄道部屋トップへ。 常磐線の部屋。 JR各線の部屋。 QRコードを使ってケータイ待受をゲット! 鉄道系リンク集はこちらから。
530活動を支援しています
カメラバッグにゴミ袋。みんなで心がけるきれいな撮影地。

▽トップページへはコチラから
フリーダムクラフトバナー
リンクをしてくださる方へのお願い
QRケータイ画像館
QRコードで携帯画像をゲト!  QRコードを読み取ると、待受け用の画像ファイルに直接アクセスするためのURLが表示されます!
 試験運用中につき画像が少ないですが、徐々に増やしていく予定ですのでご期待ください!
 最新の待受アップ情報はブログにて逐次ご案内させていただきます♪

 QRコードをクリックすると、待受け画像と同じ画像を別ウィンドウにて確認できます。

横須賀線・総武本線の主役、E217系近郊電車です。新着!
現在のE231系の基礎を築いたE217系電車。1994年のデビュー以来、113系スカ色の後継者として総武本線、横須賀線を今も元気に駆け抜けます。
近郊形電車に4扉車のE217系がデビューした時には驚いたものです。近郊形イコール鋼鉄3扉車のイメージを覆すステンレス車、そして機械っぽさを感じさせる四角いテールランプ。
でも、あんまり評判良くないですね。。。
クリックすると画像を確認できます

峠のシェルパ、碓氷峠の主。EF63形電気機関車です。新着!
長野新幹線開業と共に幕を閉じた信越本線の横川・軽井沢間(通称横軽)。かつては電車も客車も貨車もこのEF63の重連に後押しされて峠を越えていきました。
峠の線路はなくなっても、その雄姿は今でも見ることができます。鉄道文化村にてゆっくりと走るロクサン。昔は列車が連結されてなかなか見ることのできなかった軽井沢側の2エンドをご覧下さい。
クリックすると画像を確認できます

常磐線を走っていたドレミファ電車ことE501系、K703編成です。
15両編成4本のみが上野・土浦間で活躍していたトイレの無い通勤形中電。
今ではトイレ改造や付属編成のVVVF換装などが行われ、常磐線土浦以北・水戸線を走る顔になりつつあります。
クリックすると画像を確認できます

常磐線を走るフレッシュひたちE653系の青編成、K302編成です。
JR化後初の直流・交流50Hz・交流60Hzの3電源に対応した特急形電車です。
基本編成7両(赤・青・黄・緑)と付属編成4両(橙)の組み合わせで最大14両編成を組んで常磐線を駆け抜けます。
主に通勤特急として活躍するフレッシュひたちは、グリーン車を含まないモノクラス特急です。
クリックすると画像を確認できます

東武野田線を走る私鉄の103系、8000系です。
幕式・電灯・更新顔の「柏」行きです。
8000系天国とも言われる東武野田線は、未だに幕式で前照灯がハロゲンランプの電車がバンバン走っています。 数年前までは吊り掛け音を轟かせながら5000系列の電車も走っていましたっけ。
クリックすると画像を確認できます

 このページ内のコンテンツはカメラ付き携帯電話に搭載された、アクセスリーダー・バーコードリーダー機能を利用したサービスです。QRコードの読み取り方法や、お手持ちの携帯電話でQRコードが読み取り可能かどうかについては、お手元の携帯電話の説明書をご覧下さい。